宅配クリーニング

クリーニングの汗抜きは必要?臭い対策としての効果、料金、必要な頻度など徹底解説!

 

夏の暑い中、洋服をクリーニングに出しても、何だかさっぱりしないように感じることや、臭いが残っているように感じることは無いでしょうか?

それらはもしかすると、洋服に汗の成分などが残ったままになっているからかも知れません。

クリーニング店でも、通常のドライクリーニングとは別に「汗抜き」のオプションを進められたりした経験がある方も多いのではないでしょうか?

クリーニングで一般的な洗い方はドライクリーニングですが、ドライクリーニングも万能ではなく、落とせない汚れがあり、それらの多くは汗、垢、埃などの汚れになります。

これらの汚れを放置して洋服に汗などの残留成分がたまっていくと、、、

  • 脇、襟、袖口などが黄色く変色してしまう
  • 汗じみが出来てしまう
  • ドライクリーニングしたはずなのに、なぜかベタベタするような感じがする
  • 臭いが残っている気がする
  • 生地がゴワついたりしてしまう

このような症状が出てきてしまう事があります。

これらは、汗の成分に含まれる塩分やアンモニアなどが主な原因となりますが、ドライクリーニングのドライ溶剤には溶けだしません。。

そこで、多くのクリーニング店で取り扱っている「汗抜き」が必要になってくる訳です。

 

クリーニングの「汗抜き」は臭い対策に最適

洋服の臭い落としには「汗抜き」が一番の対策なのか?

洋服のにおいの原因となる汚れ(汗の汚れ、垢、ほこり等)はドライクリーニングでは落とせないと冒頭で少しお話しました。

ジャケットやスーツについた加齢臭も汗が原因で、普通のドライクリーニングでは落ちにくいものとなっています。

これは全て汗の汚れが水に溶けやすい水溶性の汚れであることが原因です。

つまり、、ドライクリーニングでは「水溶性の汚れである汗と汗の臭い」は落とせないので、水溶性の汚れに強い洗い方で補ってあげる必要がある、、という事ですね。

その水溶性の汚れを落とすために、ドライクリーニングに足りないものを補うのが、「汗抜き加工」という事になります。

 

結論として、

汗抜き加工により、汗などの水溶性の汚れを落とすことが、洋服の臭いの対策としてとても重要になってくるといえます。

 

ドライクリーニングと「汗抜き」などの水洗いの得手不得手の関係や以下のようになります。

得意な汚れ メリット
ドライクリーニング
  • 料理の食べこぼし
  • 皮脂
  • 花粉、PM2.5等の粒子
  • 皮脂や口紅などの油汚れが取れる
  • 型崩れしにくい
「汗抜き」等の水洗い
  • 汗とその成分(塩分、アンモニアなど)
  • 醤油、ワイン、ジュース
  • 汗、食べ物の汚れなどが落とせる
  • さっぱりとした洗い上がりが楽しめる

 

脂性の汚れだけでなく、水溶性の汚れも両方を落とすことにより、臭いの原因となる汚れを全て洗い落とすことが出来るのです。

その為、ドライクリーニングを基本としながらも、汗抜き加工のオプションを加える必要が出てくるといえます。

 

消臭スプレーでは臭いの対応としては不十分?

汗抜き等の水洗いと比較すると、消臭スプレーが一時的な対策であるといえます。

クリーニングは臭いの元となる皮脂や汗の汚れを完全に取り去ることを目的としているので、その効果も必然として違ってきます。

 

クリーニングから戻ってきた後も臭いのはなぜ?

たまにドライクリーニングから戻ってきたときに、「気になる臭い」が残っている場合があります。

この場合は主に以下の2つのどちらかが原因として考えられます。

クリーニングから戻ってきた服が臭い2つの理由

  1. ドライクリーニングなので、汗汚れなどのにおいの原因となる汚れを落とせていない
  2. ドライクリーニングの溶剤が席有形の有機溶剤になるので、乾きがあまいと独特のにおいが残ってしまう事もある

特に、ドライクリーニングにより臭いの原因の汚れがとれていない場合は、是非「汗抜き」も含めた水洗いのオプションを検討してみましょう。

また、有機溶剤の独特な臭いが残っている場合は、カバーを外してしばらく自然乾燥してみるのも対策の一つです。

それでも臭いが気になる場合は、クリーニング店に再仕上げなどの依頼を相談してみましょう。

 

クリーニングの汗抜きの効果とは?

ドライクリーニングでは不得手な汚れを落とせる「汗抜き加工」のオプションをつけると、

  • 黄ばみ
  • 臭い
  • カビの発生
  • 虫食い

の防止にもなります。

とくに、黄ばみ、カビの発生、虫食いといったトラブルはシーズンオフに保管している間に発生したりします。

このようトラブルを防ぐためにも、衣替えのタイミングなど、長期保管の前にスーツなどの汗抜きをしておくことをおすすめします。

 

この他、スーツを例に出してみると、購入して間もないスーツと、日常的に着まわしているスーツとでは、汗の蓄積度が違います。

購入してから日が間もないスーツなら、汗抜きの効果も感じにくいかもしれませんが、汗抜きにより、肌触りさらさら、軽くなった感覚で着心地も良くなります。

Yuichi
トラブルの発生と、着心地の向上、これが汗抜きの大きな効果と言えます。

 

クリーニング汗抜きのおすすめサービス

スーツの汗抜きにピッタリなコースを用意しているところ

リナビス:ビジネスコースで「汗抜き加工」が無料!!

コスパとクオリティのバランスが最高!高級衣類も絶大な実績のリナビス

  • 宅配クリーニング業界では圧倒的な知名度
  • モンクレールの高級ダウン等、高級衣類の実績も絶大
  • 保管も無料で最長9か月。衣替え時のクリーニングにもピッタリ

スーツ専門の「ビジネスコース」とは?

  1. 基本セット4,830円(税抜き):スーツ上下の3セット(合計6点)のクリーニングが基本
  2. ワイシャツ、ブラウス、ネクタイは上記の基本セットに1点から追加して依頼することが可能
  3. 汗抜き加工のオプションが無料で標準サービスに含まれている
  4. 送料&汗抜き加工を考慮したトータル金額で宅配クリーニング最安値の水準

ポイント

  • カジュアルスーツも取扱い可能
  • 女性用のスーツも勿論取扱い可能
  • 「指示カード」で細かく要望を伝えられる+リナビスの「おせっかい」なサービスで丁寧に対応

ビジネスコースのサービス体系

項目 料金(税別)
基本料金 スーツ上下3点 4,830円
追加料金

スーツ上 950円
スーツ下・スカート 660円
ワイシャツ 145円
ブラウス 550円
ネクタイ 550円
スーツベスト 660円
送料 無料
納期の目安 5日~10日
オプション
カビ抜き加工 500円/1点
はっ水加工 980円/1点
保管 最長9か月
支払方法 クレジットカード支払、NP後払い、代金引換
Yuichi
リナビスの満足度が高い原動力となっている「おせっかい」の内容とは?是非、下記の記事もあわせて参考にして頂ければと思います。
リナビス|おせっかい?な保管つき宅配クリーニングを利用した口コミと割引クーポン情報

リナビスは ”おせっかい” というコンセプトでクリーニングのクオリティには安定感のあるサービスとして広く知られています。 宅配クリーニングをお願いしようとすると、対面でのやり取りではないため、「依頼し ...

続きを見る

プラスキューブ

「プラスキューブ」独自に構築した水洗い洗浄システムでスーツを水洗い

  • 元デザイナーである責任者の豊富な知識・経験を基に独自の洗浄システムを構築
  • 一流アパレルメーカーで使用される仕上機器により、立体感とフィット感のある仕上げを実現

ポイント

  1. 保管付きオプションは工場に「到着後1週間以内に洗ってから」保管
  2. スーツ上着だけで9台もの仕上機を使用し、各パーツにあわせた最高の仕上りを実現
  3. しみ抜きオプションはすべて無料

ポイント

  • ワイシャツのクリーニングは「エアリーシャツ」コースで10枚パック3,500円(税別)
  • 保管は1着あたり200円の別途料金が発生(パック単位で注文可能)

プラスキューブのサービス体系

項目 料金(税別)
料金 スーツ上下セット 7,500円
ジャケット単品 4,000円
スラックス単品 3,500円
送料 全国一律:0円
納期の目安 2週間程度
保管 最長8か月
支払方法 カード決済・銀行振り込み・代金引換

 

 

スーツも勿論、コート類でも水洗い(ウェットクリーニング)したい場合のおすすめ

キレイナ

「キレイナ」1着ごとに最適な洗い方を考える高品質クリーニング&メンテナンス

  • ドライクリーニング表示の洋服でも「手間をかけた上質の水洗い」で仕上げ
  • 高級ブランドのクリーニングだけでなく、メンテナンス(修復)でも定評がある
  • 大事な洋服を「何度も」「長く」着られるためのクリーニングを目指している

ポイント

  1. 単なる「水洗い」ではなく、洋服の状態・素材に応じてドライクリーニングも織り交ぜながら、汚れを落とすベストな方法を1着ごとに決定
  2. 「きれいに」するだけでなく、「修復」にも対応し、洋服を長く着られるようにトータルでメンテナンスが可能
  3. 特殊な素材、デザインのものでも、、どんな服でも取扱い可能

注意しておきたいポイント

  • 保管サービスは無し
  • 返送までに約3週間ほどの時間がかかってしまう
  • 最終的な料金・値段は検品を踏まえての見積もりを確認してから確定

キレイナのサービス体系

項目 料金(税別)
料金 スーツ上下 各6,000円
カットソー/シャツ類 2,000円
ベスト 2,800円
タイ 1,800円
コート 6,000円
ジャケット/ブルゾン 4,000円
スカート/パンツ 2,800円
送料 合計金額7,000円以上で片道送料無料

合計金額12,000円以上で往復送料無料

【本州・四国・九州】… 片道900円/往復1,800円

【北海道・沖縄】… 片道1,800円/往復3,600円

納期の目安 約3週間
支払方法 クレジットカード支払、代金引換

 

 

 

クリーニング汗抜きの加工方法

汗抜き加工の方法には、以下のように2種類の方法があります。

ポイント

  1. ドライ溶剤に汗の汚れを落とす洗剤・溶剤を加えて水溶性の汚れを落とす方法
  2. 文字通り水で洗う方法(ウェットクリーニング)

 

1.ドライ溶剤の中に水溶性のソープを添加して行う方法。

水を使用せずに、ドライクリーニングの溶剤の中に水溶性の汚れ(水洗いが得意とする汚れ)に効く洗剤や溶剤を混ぜて洗います。

これは大枠としてはドライクリーニングの範疇に入ります。

この場合注意したいのは、衣類から溶けだした汗の成分(汚れ)はドライクリーニングの溶剤に溶け出しまうという事が問題となります。

従って、溶剤をこまめに管理できる最新の設備や体制の整ったクリーニングにお願いするのが重要になります。

 

2.水洗いをする方法

こちらの方法は、文字通り水の中に浸して「やさしく」洗う手法となります。

ただし、この方法は本来は水洗いに適さない洋服を洗うわけなので、手間と技術を必要とします。

職人の専門技術により、水洗いによって生じるトラブルを防ぎながら、きれいに水で汚れを落としていくことになります。

その為、この種類の洗い方をしているお店はかなりのこだわりのお店と言えそうですし、実際にお値段も通常のクリーニングと比べて高くなってしまいます。

 

ドライタイプの汗抜きとウェットクリーニングによる汗抜きのメリットとデメリット

Yuichi
おさらいになってしまいますが、ドライタイプの汗抜きと、水洗いによる汗抜きのメリットとデメリットを整理しました。
メリット デメリット
ドライ溶剤の中に水溶性のソープを添加して行う方法 機会で洗えるのでコスト的に安く抑えることが出来る
  • 水洗いに比べると汗の成分が残る可能性が有る
  • 溶剤の管理体制により、お店により仕上りの状態に差が出る
水洗い・ウェットクリーニング ほぼ完全に汗の汚れを落とすことが出来る
  • 専門的な技術と知識を必要とするため、コスト的に高くなってしまう
  • 手間がかかり、仕上までに時間もかかってしまう

 

お家でスーツを水洗いするのは危険?

スーツを洗ってしまって起きる問題は、主に型崩れと生地の傷みです。 スーツには様々な素材が混ざっており、それぞれの素材によって水を吸うと伸びるか縮むかなどがバラバラです。

そのため水に濡れると一部は伸び、一部は縮んでしまいます。これが型崩れの原因です。

さらにウールを代表とする獣の毛の素材の場合、水分を含んで繊維のキューティクルが開いた状態で摩擦するとフェルト化され、元の風合いに戻らなくなります。

つまり、それぞれの素材に合った水洗いができる技術がないまま洗ってしまうと、生地はゴワゴワに、シルエットは崩れてしまいます。

家庭で水洗いできない素材でも、プロ仕様の技術でダメージを与えずに洗浄することが可能です。

 

クリーニング「汗抜き」の頻度はどれぐらい必要か?

臭いの対策として「汗抜き」の重要性が分かったとしても、やはりドライクリーニングのみの洗い方と比べると、多少は生地を傷めてしまう事はあるようです。

臭いやシミが付いたままで、そのまま着続けるのが気になるようであれば、そのタイミングでクリーニングに出した方が良いでしょう。

ただし、オプション料もかかるかかったりして、費用も余計に掛かるので、できれば必要最低限の頻度でしっかりとキレイにしておきたいですよね。

費用対効果を考えると、夏は出来れば1ヶ月に1回と衣替えのとき、冬は衣替えのときというのが意見として多いようです。

特に、スーツは着まわしている枚数やスーツ着用の頻度によっても変わってきますので、クリーニングに出す頻度については詳しくは以下の記事にも掲載しています。

あわせて参考にしてみてください。

スーツのクリーニング12社の徹底比較
スーツのクリーニング12社の徹底比較!値段・料金、日数、おすすめの解説!

  あなたは何を重視してスーツをクリーニングに出すお店を選んでいますか? 今のスーツのクリーニングに満足していますか? 最近では家からいつでも出せる宅配クリーニングでも「スーツに特化したプラ ...

続きを見る

 

クリーニングの「汗抜き」 スーツに関する注意点は?

スーツのクリーニングは上下セットで出すというのが原則です。

特に夏はジャケットを着用せず、スラックスのみ着ることとなってしまいがちですよね。。

かといってスラックスのみ頻繁にクリーニングに出していると上下の色や風合いに差が出てきてしまう可能性が有るので、注意したいところです。

 

クリーニングの「汗抜き」 コートにも必要?

あまり汗とは無縁そうなコートなどでも、実は首回りなどに多くの汗をかいている場合が多いのをご存知でしょうか?

ワンシーズン通して着てみると、コートの首筋や襟元に汗の染みや汚れがついて白くなったりしていることもあります。

コートについては、スーツに比べてクリーニングに出す頻度は落ちるでしょうが、シーズン終わりにドライクリーニングとあわせて水洗いのオプションを検討してみると良いかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ドライクリーニングとその限界をしることで、汗抜きオプションがどのように効果を発揮してくれるのか、お分かりいただけたのではないかと思います。

洋服の汗などによる臭いも気にならないように、上手にクリーニングのオプションプランも検討してみてはいかがでしょうか?

-宅配クリーニング

Copyright© 洗濯 & 宅配クリーニング , 2019 All Rights Reserved.