お洗濯

ナイロンの特徴 & 洗濯時の注意点

更新日:

ナイロンの特徴

現代では様々な化学繊維が存在しあらゆる衣料品に採用されていますが、世界で始めて生み出されたのが石油を原材料として生成されたナイロンです。

アメリカの企業がナイロンを開発したのが1935年の事なので、最も古い化学繊維であり画期的な素材の特徴から衣類の品質を著しく向上させる事に貢献しました。

ナイロンという名称は「伝線しないパンティストッキング用の繊維」という意味を示した「norun」に由来するといわれています。

開発された当初は丈夫でクモの糸より細いというキャッチフレーズで人気を博し、今では衣類に限らず、リュックサックやインテリア用品、ギターの弦や釣り糸など衣類以外にも様々な用途で使われている身近な素材の一つです。

比重が軽く、弾力性に富んでいて、摩擦や折り曲げに対しても強く、シワや型崩れもしにくい上、虫やカビにも強いのがこの素材の特徴です。

そのようにあらゆる分野で頼りにされているのは素材の特徴と性質が関与しており摩擦と摩耗に強い上に、薬品などへの耐久性にも優れている点が挙げられます。

また、良く似ている素材にポリエステルが存在しており比較対象にされる事も多いのですが、ポリエステルよりもナイロンの方が吸水性に優れている上に変形し難い事があらゆる用途で使われている所以です。

そうしたナイロンが優れた機能性を有している上に化学繊維であるのに着心地にも長けているのは、繊維を拡大して見た時に側面側が非常に滑らかな様子になっている事が関係しています。

洗濯時の注意点

こうした身近に使われているナイロン衣類だからこそ、気軽に家で洗濯したいというのは誰しもが考える事だと思います。

基本的にナイロン素材の衣類はほとんどの場合、家での洗濯が可能です。

とはいえ、むやみやたらに洗濯機に入れて洗ってしまうでは傷みやすくなってしまうのも事実です。

ナイロン自体は丈夫なのですが、中には部分的にナイロン以外の素材が使われている事もあるので、洗濯する時に念頭に置く必要があります。

そこで家で洗濯する方法として大事なのはまず洗濯表示を確認する事です。

中にはナイロン以外の素材が使われている事もあるので、水洗いできるものかどうかを確認しましょう。

問題なければ、弱アルカリ性の洗剤を入れてそのまま洗濯機で洗って大丈夫です。

柔軟剤も使えるので仕上がりが気になる方は併用しましょう。

ただし、下着やおしゃれ着などの場合はなるべく手洗いの方が生地の傷みも抑えられて長持ちします。

洗濯する時の注意点としては、ナイロンは熱に弱いという特徴もあるので乾燥機に入れるのはやめて、自然乾燥させるようにしましょう。

この時、直射日光ではなく、日陰干しの方が変色も抑えられるので、なるべくなら日陰に干すのが好ましいです。

また、アイロンがけも低めの温度で当て布をしながらする事で生地の傷みを最小限に抑える事ができます。

 

 

-お洗濯

Copyright© 洗濯 & 宅配クリーニング , 2019 All Rights Reserved.